グローバルな舞台で通用する「本物の英語力」って身に付く?

小学生の英語

2020年度は、日本の教育が大改革期を迎えた年でした。

なかでも最も大きく変わるのが英語の科目です。将来グローバルな舞台で通用する「本物の英語力」を子どもたちに身につけてもらうのが目標とのことです。しかし学校の授業や行事だけでグローバルな舞台に立つことができるのでしょうか?もう家族総出で子どもの英語教育に臨んでいくしかないかも知れませんね?

2020年度から導入される新学習指導要領とは?

小学校での英語授業は2018年度から実施されてきており、時々耳にすることがありました。既に小学3年生から、英語の授業が始められている学校も多くあるようです。それが2020年度からは本格的に導入され、英語は3年生、4年生で「外国語活動」(英語活動)として必修化し、5年生と6年生で「外国語」(英語)として教科となるとのことです。

小学3年生、4年生の英語活動とは?

英語を「知識」として学ぶのではなく、ベーシックな表現を通して、外国の風土や文化を理解し、日本語との音の違いを見つけることなどを楽しみながら、あくまでもコミュニケーションを通して英語を知ることが小学3年生、4年生の英語活動としての授業目標となります。また基本的な挨拶から自分の好きなモノ、嫌いなモノ、曜日や数、生活の中の基礎的な言葉など、日常生活に沿った表現も覚えることになります。

小学5年、6年生の英語授業とは?

英語を「話す」「聞く」能力に、「読む」「書く」が加わり4技能(聞く・話す・読む・書く)を学習するのが、小学5年、6年生の英語授業です。日本語との文法の違いに気づき、意識して使えるようになることが求められます。さらに5年、6年生では、「話す」の部分が、意図を伝えあう「会話のやりとり」と伝えたい内容を整理してから「発表する」の2つに分けられます。また5年、6年生の2年間で学ぶ単語数は600~700語ほどです。中学1年生で学ぶ単語が1200語程度だったことを考えると、2020年以降はその過半数を小学生のうちに学ぶことになります。

これからの英語教育

不名誉はことではありますが、日本人は英語が話せないとよく言われます。学校での英語教育が良くなかったという報告もあるくらいです。これからの子どもたちへの英語教育はこれまでの英文法メインの和訳、英訳ではなく、会話中心のとにかく話せて聞ける英会話がメインになるかもしれませんね。それに加えて自分の意見をちゃんと言える、ディベート力も必須になります。そのための家庭学習として、

・動画を繰り返し見て音と映像で英語を覚える

東京の幼児英会話教室の講師らが作った教材を提供しているウェブコンテンツ

youtubeの『Super Simple Learning』は無料とは思えないほど充実しています。かわいいアニメーションと歌に子どもはくぎ付けに。そして自然と耳から英語を理解できるようになれそうです。

・オンライン英会話を受講して聞く、話す力を鍛える

オンライン英会話は下記の記事を読んでくださいね。

・外国人があつまるイベントに参加してみる

日本で暮らしていても国際感覚を身に着けることができます。

パーティアニマルズ国際交流イベント情報館などのウェブサイトで交際的なお祭りが検索できます。

たとえば近隣の自治体が開催するイベントに参加したり、東京都のアメリカ空軍横田基地基地で開催される「横田基地日米友好祭/フレンドシップフェスティバル」などでは異文化の雰囲気を味わうことができるので良い経験にもなるでしょうね。

または「Meet Up!」で国際的なグループやイベントを探すこともできます。

まとめ

事前の準備をせず、授業でいきなり外国語に触れることで、すでに準備してきた子との差に愕然とし、英語が苦手、英語嫌いになってしまう・・・と、いうことは容易に想像できます。小学校での英語の授業をスムーズにスタートさせるためには、事前の家庭での英語学習が重要となります。オンライン英会話を利用すること、市販の英語教材を使用し家の中で遊びながら子どもが自分のペースで英語に触れ、慣れるのも有効な方法です。既に英語学習がスタートしている小学生でも、まだまだ巻き返すことができます。その場合は小学生向けの英語教材を利用しながら、家庭で学習のサポートをすることで、本格的な英語学習が始まる中学生になる前までに英語への抵抗を少しでも減らすようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました