小学校受験、コレを忘れたら全滅する?!子どもの服装あれこれ

小学校受験

これから始まるお受験に向けて、揃えるべきアイテムの数々を実践を踏まえたうえで本当に必要なものをご紹介します。合格すれば今後、出費が増えるので出来るだけ予算を抑えたいとお考えのご家庭、必見です。

もちろん服装で小学校受験の合否が決まることはありませんが、身に着けている物で印象は大きく変わるのも事実ですし、他の子と同じような恰好でいると子どもも安心して考査に臨めると思われます。

実際、某小学校のお受験でのことです。会場に一人だけ薄いピンク色のTシャツとショートパンツの女の子がいました。これはあえて他の子と一線を画するための作戦なのか? ただ無頓着なのか? と想像を掻き立てられました。目立っていたのは事実です。本人は他の子と服装が違うことで恥ずかしい思いをしたのでしょうか?はたまた何を着ていようが関係ない、実力で勝負よ!と闘志を燃やしたのでしょうか?今となっては知る由がありません。

「お受験」にはどのような服装で臨むのが最適なのでしょうか?

まずは清楚で品があることが第一条件です。

親の服装と同様、受験に取り組む姿勢を表すためにも、相手に不快感を与えない、清楚で上品な雰囲気の服装が望ましいと言えます。親子で色を揃えて統一感を出すとさらに好印象です。

明らかにどこのブランドとすぐ分かるものは避けた方が無難です。

それでは服装をシーン別にご紹介します。受験服を選ぶ際の参考にしてみてください。

女の子のお受験スタイル

ペーパー試験・面接:スカート丈は膝が隠れ、ブラウスの袖丈は手の甲にかかるくらい。

ブラウスの襟の形やスカートのデザインは好みで良いでしょう。

白ブラウス、ジャンパースカート(紺が一般的ですが、グレーでも良いとされています。)、カーディガン、白ソックス、黒のワンストラップシューズ

髪型:髪が長い場合は2本の三つ編みが定番です。ヘアゴムは華美なものは避けて、紺や黒で。ショートへアの場合はハネがないように整え、前髪は目にかからないよう短くするか横に流すと良いですね。

運動考査:動きやすいものを選びます。スカートはNGです。キュロットかハーフパンツを選びましょう。

白ポロシャツ、ベスト、キュロットまたはハーフパンツ、白ソックス、白シューズ(上履き)

髪型:運動の邪魔になったりしないように、束ねたり、編み込みでスッキリとさせる。またワックスやスプレーを使ってしっかりセットすると乱れ防止になります。

男の子のお受験スタイル

ぺーパー試験・面接:シンプルで清潔感がある服装であり、一般的にはネクタイをしないスーツスタイルになります。パンツは膝丈、シャツの袖丈は手の甲にかかるくらいにする。

白シャツ、ジャケット、膝丈パンツ(紺が一般的ですが、グレーでも良いとされています。)、白ソックス、黒のローファー

髪型:両耳が見えるようにし、目にかからないよう前髪は短く切るか横分けにすると良い。

運動考査:動きやすい服装。白ポロシャツ、ベスト(寒い場合)、ハーフパンツ、白ソックス、白シューズ

女の子も男の子も、手を上げたりしゃがんだりしたときにシャツが出たり下着が見えたりしないか確認しましょう。わが子は直前講習会の時、トイレから帰ってきたとき思いっきり下着のシャツが出ていました。試験日間際になって服の整え方を指導する羽目になりました。トイレの後、一人でシャツを中に入れたりできるよう確認したほうが良いと思います。

小学校受験に必要な子どもの「持ち物」は?

・上履き(筑波大学附属小学校のクマ歩きに備えて、筑波小学校が推奨する「瞬足」のものにしました)清潔第一!白さが際立つ新しい物を用意してください。

ハンカチ(白地に刺繍など)、ティッシュ、ティッシュケース(紺の無地が望ましい)※持参しているかチェックされる学校もあるとか。気が抜けません。

・上履き入れ 当日は、上品な紺色のシューズバッグを自分で持たせましょう。

・外履き入れ(スーパーの袋で代用しました)

筆記用具(はさみ、クレヨン、色鉛筆など)※国立小学校は筆記用具不要でした。

カバンの中に替えの下着を用意しておくと安心です。

また雨天の場合に慌てないよう、紺色のレインコートや雨具を用意しましょう。

そうこうしているうちにバッグがパンパンになってしまいます。

さらに季節柄アウター(コート類)が必要になり、それを脱いで手に持つようになり、さらに荷物が増えて大変です。そのうえ、移動途中にアルコール消毒液で手の消毒があったり、移動するだけでも大変です。なので大き目のトートバッグを用意されることをお勧めします。

まとめ

お教室に通っているご家庭だとこの時期に何を準備し、用意するなど通達があるかも知れませんが、そうでないご家庭だといつごろまでに何を準備し、ネット上では必要と言われていたけど要らなかったなど情報が必要になると思います。子どもの服装で合否が決まるのか?と思われる親御さんもいらっしゃるかも知れませんが、日本では特に周りとの「和」を重んじています。わざわざ周りとの調和を乱すような恰好は避けたいところです。主役は子どもです。子どもが初対面の先生方の前で考査を受けます。人は見た目が100%と言われるだけ、中身は後々分かってくるものです。やはり第一印象で高評価をもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました