中学受験で国立大学附属をめざす?その①東京学芸大学附属系中学校

中学受験

中学受験を選択する理由として、高校受験が無いので中高6年間充実して過ごせる・・・

というのが常に上位にあります。

しかし、高校に上がるには学内での試験やこれまでの成績なんかが重視され、学校によっては熾烈な戦いになると言われる国立大学附属中学校を受験するご家庭もあります。

国立大学附属って進学校では無いからね!

そもそも国立大学附属中学校、高校は教育研究校であり進学校ではありません。

さらに国立大学の付属と名前がついていますが、上の大学に漏れなく進学することは難しく、単に大学の学生や教育実習生の実践の場として提供されているに過ぎません。

それなのになぜわざわざ国立大学附属の中学校を受験するのでしょうか?

私立より安い。

それなら都立の中高一貫校が最強でしょう。

必要な費用は私立>国立附属>公立中高一貫校となります。

国立だからと言っても学校によってはそれなりに費用がかかるようですが、一般的に3年間で50万円くらいと言われているのですから。国立に行けたらかなりの親孝行ですね。

そして中高の間は普通の勉強以外のいろいろな偏差値では測れない経験をどれだけ積むことができるかにかかっています。大切な時期を無駄にしないよう親子でじっくり話し合うことが重要だと思います。

予想される費用目安(初年度)

中学は義務教育課程のため授業料の徴収はなく、教科書も無償で提供されます。

学年費(行事費、副教材費等)といった諸経費があります。生徒募集要項で調べてみたのですが年度によって違っており、PTA会費など該当経費の差もあるため参考程度にご覧ください。

東京学芸大附属竹早中学校:197,600円

東京学芸大附属小金井中学校:164,200円

東京学芸大附属世田谷中学校:285,000 円

東京学芸大附属国際中等教育学校:450,800円

お茶の水女子大附属小学校:188,200円

筑波大学附属中学校:318,300 円

筑波大学附属駒場中学校:147,620円

東京大学教育学部付属中等教育学校:280,000 円

小学校からの内部性もいる国立大学附属中高等学校

東京学芸大学附属竹早・世田谷・小金井中学校

学芸大学附属小学校から附属中学校への内部進学は、比較的容易ですが、高校進学では東京学芸大学附属高等学校1つの高校の枠めぐって小金井、世田谷、竹早の3校での競争になるのが東京学芸大学附属の3校。その熾烈な争いは中学受験経験者でも苦戦するそうなので、小学校時代から競争意識を高く持ち、自分で自習が出来るお子さんには向いている学校だと思われます。

小学校受験でもこのことがよく取沙汰されています。

周知のとおり内部進学率が低いため、地元公立より学附中学校で3年間学ばせてから、外の高校を受験するお子さんも多いため、決して成績が振るわない生徒が外へ出るということでもありません。

どちらにしても一度リセットして自分の進路と将来は考えるきっかけにもなるので受験することは決して悪いことではないと思います。

3年後に100%高校受験を回避することが中学受験の絶対条件であるならば、学附の選択はありえないですが、学附高校への進学は当然一般入試より内進の方がはるかに楽になるし、外れた場合高校受験するという覚悟があるなら、たとえ内進が叶わなくてもとにかく充実した名門校の学附中学校で3年間学ばせたいというお考えのご家庭も数多く存在しています。

本来の「学習以外」も充実している学校!

国立大学附属は進学に結びつく教育をしていないため、高校受験対策は塾に行くなり通信で学習するなりして各自、1年生から準備をしなくてはなりません。

しかし学附の中学校ではたくさんのイベントが用意されており、それに正面から向き合う一生懸命な生徒さんや、多様な個性や才能を持っている内部生から常に刺激を与えられ充実した3年間を過ごすことができるそうです。

教育学部付属の学校なので教育実習生の実習期間が長いのも特徴のひとつとしてあります。

また事あるごとにレポートを書く機会が設けられており、レポートを書くのに慣れるそうです。

そのため卒業する頃には文章作成能力までもが身に付き、大学は当然のこと就職活動でもその力が発揮されているということを掲示板の書き込みでも気受けられます。

目の前のことでは無く長いスパンで成長成果を発揮できる東京学芸大学附属の3校。

さらに文化研究会の自由研究では考える力、議論する力、表現する力を養えるのはアクティブラーニングが進んでいる国立大学付属のメリットだと言えます。

学附では質の良い授業、環境(内部性を含めての生徒のレベル)の良さがあります。伝統校で、生徒さんはなんでも積極的に頑張る子が多い比較的自由な校風の学校です。

東京学芸大学附属竹早・世田谷・小金井中学校を挑戦するなら

・名が通っており有名ですが、中学入試TOPクラスの生徒からは不人気。

なので「最高の穴場」かもしれません。

・附属高校に進学したいなら中1~通塾して学力を伸ばすこと!

・優秀な高校入学組に負けない学力をつけること!

東京学芸大学附属国際中等教育学校(TGUISS)

ここは付属の東京学芸大学附属大泉小学校からの内部進学生で構成されています。

海外生活経験者や帰国子女といった国際的な背景がなくても学芸国際が狙うことが可能です。

国立の共学一貫校で制服も無く自由でノビノビした校風で、英語教育に関しては文句なしのようです。また国際的な学校ということもあって、海外の学生のように友達としての男女の距離感が近い人が多いようです。日本のみで育ってきた人も周りの影響から、学年が上がるほど男女関係なしにどんどん仲良くなっていく環境があるようです。

入学選抜方法は適性検査型

東京学芸大学附属国際中等教育学校(TGUISS)の入試は

B方式だと適性検査ⅠとⅡで100点

書類審査(成績証明書と志願理由書、活動実績申告書)100点

面接50点の合計250点。

試験対策が難しいですが、都立中向け(適性型専門塾)の塾に通うことがベストでしょう。

A方式はBの適性検査Ⅰ、Ⅱが外国語の作文100点に変更になります。

その作文は外国語と日本語の作文で外国語が長めとのことです。

募集人数も少ないので偏差値が高くても受かるのが難しい学校です。

6年一貫の中等教育学校、全員が前期課程から後期課程へ進学できるのこさらに魅力的な学校です。

海外志向のお子さんには最適な環境が用意されている

こちらの学校は帰国性が多い割には派手過ぎることもなく、全体的に生徒の質が高く、落ち着いて勉強やスポーツ、イベントに取り組めるようです。他の国立大学と同じように実験校なので最先端の教育を受けることができるという公立中学校にはない利点もあるうえに、制服が無く、服装も自由だとか。さらにひと学年100人程度のコンパクトな学校ですが、「多様性」を体現しているような学校です。なので海外進学をする生徒も多く、海外志向のお子さんには最適な環境だと言えるでしょう。

まとめ

以上、国立大学付属中学校研究、今回は東京学芸大学附属の中学校を調べてみました。

東京学芸大学附属国際中等教育学校以外は半数以上が他高校へ進学せざるをえない学芸大学附属の各中学校、そして学校では受験対策も特にしていません。

せっかく塾にお金もかけて受験をするのだから、どうせなら面倒見のよさをウリにする私立の中高一貫校でしっかり手厚い対応を受けたいものです。

しかし個人の自由や個性を重視し、のんびりとした校風の国立では、自ら学ぶ態度がより強く求められるので、自分で進んで勉強できる子、流されない子には向いているかもしれませんね。

国立附属は研究授業があるため、授業の進度は公立以下だと言われます。その一方で、最近注目されているアクティブラーニング等の面は、かなり進んでおりコミュニケーション能力や、プレゼンテーション能力はかなり高く驚かされるそうです。

各ご家庭で求めているものも違うし、子どもの特性も違います。

できるだけ子ども適性や希望にあった学校を選び、その学校の特徴を理解し受け入れることができるかが学校選びには必要だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました